2004年5月27日 知人の息子さん 鈴木まもる氏の展覧会をみに行きました。


鈴木まもる
鳥の巣展覧会&原画展

 2004年5月20日(木)〜6月1日(火)
於 ギャラリー 新宿 高野

入ったとたん、数々の鳥の巣に目を奪われました。

インターネットで検索した結果、鈴木まもるさんのプロフィールは下のとおりです。

1952年9月13日、東京都生まれ。東京芸術大学中退。画家、鳥の巣研究家。
各地で「鳥の巣展覧会&絵本原画展」を開催。妻である竹下文子さんとの共作も多い。
作品に「まえむきよこむきうしろむき」「ヘルシー家のおひさま日記」「鳥の巣の本」など。

福音館書店の 「たくさんのふしぎ 鳥の巣」 の原画も展示されています。
サインをして戴いて1冊購入してきました。

 

 

 
左の写真をクリックすると、右端に見える燕の巣になります。

 

 

セアカカマドリの巣

この説明によりますと、牧場の杭や

塀の上などに作ります。南米では

「どうやって頑丈な巣をつくるかを、

 人間に教えるために、神様が

 カマドリを使わされた」 といい伝え

られているそうです。

鳥の巣クラブを結成され、インターネット上で「鳥の巣新聞」も発行されています。

下をクリックしたとき出て来る 918 モロッコのコウノトリの巣 は私が撮ってきた写真です。

終わり

indexへ 総目次へ