旧白州邸・武相荘とツツジの名所塩船観音寺 

【定年時代読者ツアー】 に参加

2009年4月24日 武相荘・黒茶屋で昼食・塩船観音寺と廻ってきました。

【1】 旧白洲邸・武相荘 

午前9時 東京駅 丸ビル前からバスにて出発。
まず、東京都町田市にある白州次郎・正子夫妻の旧邸宅「武相荘」へ。 

武相荘(ぶあいそう)は、現在は「旧白洲邸・武相荘」として、記念館・資料館となり一般公開されています。
館長は白洲夫妻の長女・牧山桂子。
武相荘の名の由来は「武蔵の国と相模の国の境に位置する」事と「無愛想」を掛けたものです。

長屋門

  

 

 

  門の前の休憩室          と        臼を利用した新聞受け
 

母屋

 母屋に入るには履き物を脱がなければ
 なりません。

 入り口には履き物を入れる袋が置いて
 あります。

 第1ギャラリーから外へでます。

 

 

   左の壺の中を覘いてみましたら。 ↓ 

  

第2ギャラリー

お茶処
 

鈴鹿峠の標識から峠へ登って行きました。

  

      

 

内側から見た長屋門。

武相荘を後にバスは高速にのり、あきる野・黒茶屋へと向かいました。

次は 黒茶屋・青梅・塩船観音 です。