タケノコ狩に房総へ。

大多喜レンゲ祭り・城山公園のツツジ
 たけのこ狩り・1キロ付きと房総で寿司食べ放題 

2006年5月1日 上記の日帰りバスツアーに友人と一緒に参加しました。

午前7時10分に新宿を出発、上野で残りの何人かを拾い、レインボーブリッジを渡り、
アクアラインを通って海ぼたるで休憩後 木更津へ。

 

木更津の農家の山で早速竹の子狩りをしました。

農家の入り口

初めての経験です。意外に鍬が重いのでびっくりしました。
 

 

美しい新芽と熊谷草
 

次は大多喜へ「世界のレンゲ祭り」へ。
ところが、4月29・30日の休日に大勢の人が押しかけレンゲを摘んで行ったそうで、
あまりぱっとしませんでした。レンゲは摘んでも良いことになっているそうです。
 

海岸を南下して次に行ったのは、館山市街の南側丘陵にある城山公園です。
 

この地はかって戦国時代の武将、里見氏の居城がありました。
天守からの眺めが楽しめる三層四階天守閣様式の博物館分館、
中腹の館山市立博物館と併せて歴史の散策が楽しめるそうですが、この日は月曜日で休館でした。

  

ガスが一杯で少し遠くは何も見えませんでした。
  

 

白砂利の枯山水、小流れなどを設けた日本庭園と茶室(雁月庵)がありました。
 

 

  

南房総市岩井の高崎漁港の「とのだ」で寿司の食べ放題でした。
まず一人前が出ていてそれを食べ終わらなければ注文できません。
いくら食べ放題でもそんなに食べられるものでは有りません。

 

あとはバスの中でぐっすり眠りながら帰りました。

本日の旅行代金 一人7,980円 でした。
それと竹の子が1.9キロあったので、超過料金450円とぬか10円・さんしょの新芽100円です。

帰宅して直ぐに竹の子を茹で、茹でたてを酢醤油でいただきましたらとても柔らかでした。
翌朝は厚めに輪切りにしてバター焼にし、「わかめ」でなく「こんぶ」でゆっくり煮ても美味しいときいたので
早速薄味でゆっくり煮ました。

レンゲも城山もお寿司もイマイチでしたが、竹の子狩は良い経験でした。

2006年5月4日作成

目次へ