新宿中央公園

新宿中央公園は、新宿副都心の建設にともない、2003年8月に「ミノルタ株式会社」と合併し、
「コニカミノルタホールディングス株式会社」となった、大手精密機器メーカー「コニカ株式会社」の前身である、
「小西六写真工業」の工場の敷地と淀橋浄水場の跡地に造られ、昭和43年4月に開園した公園です。

東京都庁の直ぐ隣りにありますが、この公園はれっきとした新宿区立の公園です。
この都庁も淀橋浄水場の跡地に1990年に建てられています。

公園の案内図

長年新宿区に住んでいるのに、2004年5月初めてこの公園を訪れました。
と言うのも最近知り合った人が、此処の区民ギャラリーで行う展覧会に出品したので出かけました。

新宿区民ギャラリー
 

新宿白糸の滝 と背中合わせに有る 新宿ナイアガラの滝
 

園内に設置されている像
 

 

平和の鐘 と 写真工業発祥の地 記念碑
  

富士見台 と 記念碑
 
記念碑には下のように記されていました。
「この丘は公園の最高所(標高 東京湾中等潮位?45米)で
はるか西空に秀嶺富士を仰ぐ展望台である。
なお ここにある六角堂は淀橋浄水場時代のものでそのまま残した。
また 通路の飛び石は浄水池の壁に使われていた明治30年代の古い煉瓦である。」

園内には下のような雨水貯留・浸透施設が各所に設置されています。
 

こんな標識もあります。

 

上のような美しい花も所々にはありますが、それよりも至る所 青テント が目立ちます。
下の右の場所は「チビッコ広場」と「ジャブジャブ池」ですが、この周りにも青テントが有り、
幼い子供を連れて遊びに来られる雰囲気では有りません。

 

天気が良かったのでロープを張り巡らし、洗濯物やら布団までも干してありました。
どうにか成らないのかと批難したくもなりましたが、もくもくと芝生の手入れをしている係りの
人の姿もあり、サラリーマンでしょうかベンチでお弁当を食べてていたりして、それなりに
皆一生懸命なのだなと感じられました。

 

隣接して熊野神社がありましたので、そちらにも廻りました。

熊野神社へ

indexへ 総目次へ