神楽坂お会式

2005年10月14日(木)

午後7時頃毘沙門様に着きました。万灯行列は8時からとのことなので、

街をぶらびら観て歩き、回転すし屋で腹ごしらえして待ちました。

    

 

このときは境内で10人位の人がお題目をあげているだけでした。

門前に人が少しづつ集まり出していました。

  

8時になると飯田橋の方から“どんつくどんつく”の音とともに坂を登ってきました。

  

   

 幼い子供も、歩いたり、

 ベビーカーに乗ったり、

 抱っこされたりして参加です。

 赤ちゃんの耳元でうるさくないのかと、

 他人事ながら一寸心配。

 

 

 

  

 

最後に万灯が三個。雑司が谷鬼子母神のお会式とはまるで規模が違いますが、

それなりに皆楽しんでいるようでした。

                 神楽坂の由来 →

丁度その日の朝、下のような新聞記事

がでていました。

福屋は毘沙門様のまん前で、すぐ解り

ました。

   

   

“毘沙門せんべい” と “勘三郎せんべい” と両方買って帰りました。

おわり

indexへ 総目次へ