旧岩崎邸庭園へ (2004年2月6日)

ジパング倶楽部の「大人の休日」に「東京の歴史と文化の散歩道」と云って、以前から行きたいと思っていた
「朝倉彫塑館・横山大観記念館・旧岩崎本邸・その他」を廻ると云う企画が載っていましたので電話を。
4月10日または24日とまだ随分先なのに満席でキャンセル待ちでした。一日で沢山の所を廻るので
効率が良いと思いましたが、逆にゆっくり見られず、疲れもするだろうと負け惜しみ。
バスを使えばシルバーパスで行けるし、岩崎邸は月・水・金・日にはガイドツアーが有ると云うので、
お天気も良かった2月6日(金)出かけました。

早稲田からは、@ 大曲〜伝通院〜本郷〜湯島〜上野 
           A 江戸川橋〜護国寺〜千石〜根津〜上野
の2つの路線があります。@で行くつもりでしたが、先にAが来たのでつい乗ってしまいました。
特に渋滞していたわけでも無いのに小一時間もかかり、11時のガイドツアーにぎりぎりで間に合いした。

〔1〕

旧岩崎邸は越後高田藩江戸屋敷から舞鶴藩知事邸などを経て、

1896年(明治29年)岩崎邸本邸(三代目岩崎久弥邸)へと変遷したそうです。。


洋館の正面玄関

 
池之端1丁目でバスを降り正門へ

  
パンフレットより

英国人ジョサイア・コンドルによって設計されたもので、現存するのは洋館・撞球室・和館の3棟です。

 
洋館

        撞球室(ビリヤード場)→


              和 館
施工は大工棟梁として、財政会の大立者たちの
屋敷を数多く手がけた大河喜十郎とつたえられ
ているそうです。

   

 1961年に洋館と撞球室が重要文化財に指定。
和館大広間は洋館東脇にある袖塀とともに1969年に、
さらに宅地、煉瓦塀を含めた屋敷全体と実測図が1999年に重要文化財に指定されました。
パンフレットより

 〔2〕 洋館    〔3〕 和館・撞球室・その他  

 総目次へ