2001  HARU_M のページ

           入谷鬼子母神の朝顔市  2001/7/7    

7月・7・8・9日と入谷鬼子母神で朝顔市が開かれるのは以前から聞いていましたが
今年初めてでかけてみました

真源寺(入谷鬼子母神)                            

今から三百三十余年前 この地に仏立山真源寺が開基され
日蓮大聖人の御尊像と共に鬼子母尊像を併祀し今日にいたっています。 
鬼子母神については 我が町早稲田の 
鬼子母神 で御覧下さい。

入谷鬼子母神の朝顔市                           

入谷が朝顔で有名になったのは、明治には入ってからのことでした。
入谷の土地が朝顔造りに適していたのか、十数軒の植木屋が軒を連ねて
朝顔造りを始め、大輪朝顔の他、変わり種を作り、珍花を咲かせて陳列した
のが評判になり、見物人が集まって年中行事の一つに数えられるようにな
りました。
しかし、入谷が発展するに伴い、地価と作品のバランスを失い廃業する店が
増え、大正二年遂に東京名物入谷の朝顔も姿を消しました。
それから三十五年後の昭和二十三年、下谷観光連盟並びに地元有志の
方々の努力と、台東区の後援により、再び入谷に朝顔市が立つようになった
そうです。

 
     鶯谷の駅そばの陸橋には提灯       言問通りには交通規制の看板

駅からの脇道には

朝顔の模様が

さすがと感心

 
真源寺へお参りの人々

 
朝顔のお守りは南無妙法蓮華経と唱えながら火打石を打ってからくださいます。
左の写真で見えるのは大・・800円、私が頂いてきたのは右の小・・400円

ただの針ではなく

畳針という文字に

目をひかれて

 
左は歩道で屋根があります。右は車道で暑そう。

 
可愛い三人姉妹が一生懸命売り込みに。 こっちを向いてポーズまでして呉れたので
一鉢買って来ました
。(2000円) 左の写真をクリックして下さい。


夕方行きましたので花は殆んど凋んでいました.当然ですよね

 

通りの反対側は

いろいろな露店が

並び、家族連れで

賑わっていました。

目次へ