2009  HARU_M のページ

まつだ桜まつり

2009年3月2日(月)

前の週に、テレビで松田町の早咲きの桜が見頃である」と報じていました。

土・日は雨でしたが、3月2日(月)は天気がよくなりましたので、

いつものように「そうだ、行こう」と出かけました。

新宿駅から小田急の急行で2時間半弱新松田駅へ。徒歩でJR松田駅前のシャトルバス乗り場へ移動。

駅前では富士山が青空の中くっきりと見えていました。

近くには5歩で渡れる程の小さな小さな富士見橋がありましたが、下に水は流れていませんでした。

  

松田山ハーブガーデン・西平畑公園

シャトルバスの着いた所は子どもの館の前でした。

、河津桜が植えられた斜面には菜の花も咲き、ピンクの桜と共に観る人を楽しませています。

  

下左の白い建物はハーブの館です。

  

生憎雲がかりましたが、富士山も眺められ流石 関東の富士見百景の一つ 素晴らしいものでした。

  

  

ふるさと鉄道 実物の1/6の小田急ロマンスカー。

  

  

子どもの館 吊し雛が展示されていました。

  

  

  

子どもの館の2階にはからくり人形も展示され、自由に動かす事ができます。

      
上左はクリックすると動画になりますが、うっかり立てて撮してしまいましたので動画は横になってしまいました。
(このページへはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください)

松田山の上の方では、菜花まつりをやっているようでしたが、パスしました。

   

子どもの館の前の芝生広場です。

  

休憩所の中で やまめの塩焼き とお酒で一休み。美味しかったー!

かじっか骨酒 と云う張り紙を見付けましたので、訊ねますと、

これが かじっか だと出してきてくれました。下右の写真。

長さ5p程の小魚で ごり と同じだとの事。普通は かじか と云うのでしょうか?

岩魚の骨酒は行きつけの寿司屋で何度か飲みましたが。

  

松田の町で見かけた路上の絵。

河津桜と菜の花を楽しんできました。

(2009・3・10 作成)