写真でつづる見聞録


特別展を観に京都国立博物館と奈良国立博物館へ

2006年5月24日〜26日

岡山の友人夫妻と落ち合い、恒例の十一面観音へ会いに出かけました。

今回は京都国立博物館での大絵巻展と、
奈良国立博物館の特別展(大勧進重源 東大寺の鎌倉復興とあらたな美の創出
)と、
當麻寺の中将姫展を観るのが目的でした。

 

行程

宿泊

一日目
5/24


 新幹線ひかりにて京都へ。
タクシーにて博物館へ。
京都国立博物館 大絵巻物 展観覧。
昼食後、友人の車で飛鳥へ。

 国民年金保養センター 
 大和路 泊

二日目
5/25


室生寺 入山見学
昼食後、
當麻寺 中将姫展 観覧。
奈良へ。

 国際奈良学セミナーハウス 泊

三日目
5/26


 
奈良国立博物館 特別展 観覧。
 ゆっくり昼食。新幹線ひかりにて帰京。
 

一日目

一日目は朝からアクシデントが起りました。横浜から“ひかり”に乗り込むはずの友人が現われません。
初めは一番後ろの車両でしたので、どこかに飛び乗り車内を歩いてくるのかと思いましたが、
小田原を過ぎても現われません。自宅へ電話しても出ません。お嬢さんの方へ電話しても、まだ連絡はないとのこと。
やきもきし乍京都に着いてしまいました。博物館で岡山の友達と落ち合ってとりあえず入館。
見学中に携帯電話に着信あり。乗り遅れたので自宅に帰ったとのこと。パニックに陥ったのでしょうか。

京都国立博物館

 

ここでもちょとした行き違いが。お互い入り口が2箇所あるのに気がつかず、時間のロスがありました。
すごい人で、入場までに60分待ちでした。中へはいってもノロノロと進み、人の肩越しにみましたが、
イヤホーンガイドを借りたので、見所や要点がよくわかりました。
連れは車椅子を借りたのでなおゆっくりゆっくりでした。

 

博物館近くの寿司やで遅いい昼食をとり、一路「桜井市」まではしり、その日の宿へ。

国民年金健康保養センター “大和路”

宿のあるのは桜井市、すぐ向こうは橿原市です。明日香を観て歩くには絶好の宿です。
レンタル用の自転車が揃っていました。
今回は国立飛鳥資料館へ、キトラ古墳壁画「白虎」を観にいく予定でしたが・・・。(後述)
 

下右はロビーの喫煙所です。テーブルの中に煙吸い込まれるのでしょう。
 

この日はこれでお終いです。 2006,5,29 作成

二日目 室生寺へ index へ