2005年 川崎大師初詣と総持寺参拝

2005年1月9日(日)

知人に誘われて川崎大師初詣の日帰りバス旅行に行ってきました。

 新宿〜(首都高速)〜川崎大師(参拝)〜重慶飯店別館(昼食)
・・横浜中華街散策〜総持寺(曹洞宗本山)〜(首都高速)〜新宿 

新宿で集まったら、何とバス8台。300人以上の大人数でした。

(1)川崎大師  

関東の名刹、真言宗智山派・大本山金剛山金乗院平間寺
(通称厄除弘法大師または川崎大師)は、もろもろの災厄をことごとく消除する厄除大師として、
霊験あらたかなことは、むかしから有名です。総本山は京都東山七条にある智積院です。
 開創は大治3年(1128)、開基は尊賢上人、創建功徳主は平間兼乗氏.。
 千葉・成田山新勝寺、東京多摩・高尾山薬王院とともに、関東三山としてその名を知られています。

本堂

@ 本堂  A 金剛堂  B 客殿総受付  C 聖徳太子堂  D 大山門  E 水屋
F 八角五重塔(中興塔)  G 不動門  H 不動堂  I 福徳稲荷堂  J 中書院

広い駐車場からしばらく歩くと、やがて参道にでます。
名物の“せきどめ飴”を売る店が軒を連ね、大声で客を呼んでいます。試食の飴を一つ口の中へ。

 

参道の奥に大山門が見えています。

 

 

 ← 珍しい八角の五重塔

  下の店で、並んで“久寿餅”をかいました。

  

 電車だとここから行くのでしょうか。

 

その後バスで横浜の 昼食場所 「重慶飯店別館」へ。

 

昼食後中華街を散策。

横浜中華街関帝廟

 

正月だからでしょうか、こんな飾り物が置いてありました。

 

 

 中国的な装飾でした。

 

中華街を後に、鶴見の総持寺へむかいました。

次の総持寺へ